■御朱印付きお写経について

 新型コロナウィルスの影響を受け、5月末から「御朱印付きお写経」を開始いたしました。2020年10月27日が、醍醐天皇さまから『弘法』という大師号を賜って1100年になります。高野山で行われる、その記念の法会に向けて、大師号下賜千百年記念の御宝号念誦のお写経をみなさまにおすすめしています。
 お写経にご協力くださり、金城寺にお写経を郵送していただけましたら、ご希望の御朱印をお授けいたします。

 都で疫病が流行した弘仁9年、醍醐天皇が空海の勧めで世の平安を祈ってお写経をなさったといわれています。
 また、お大師さま晩年の著書といわれる『般若心経秘鍵』は、『般若心経』の密教的解釈を行い、『ご真言』を観誦することを強く勧め、功徳として『抜苦与楽』を挙げて、唱えたりお写経をしたりすることを勧めておられます。

 また、お住まいになっているところが遠い、お仕事や介護等がお忙しいなどの理由で参拝できない方々にも、心を落ち着かせてお写経に挑戦いただき、当寺の御朱印を手に取る機会になさってほしいという想いがあります。そのため、7月からは7種類展開にいたしました。

■御朱印付きお写経の申し込み方

【お写経用紙】
①通常通りの『般若心経』
②大師号下賜記念の御宝号念誦写経『南無大師遍照金剛』
の2種類からお選びください。

花まつり

    【御朱印の種類】
  • ● 御朱印有り[A: 各々500円]
    • マスクをしているアマビエちゃんとお地蔵さまの御朱印
    • お花畑のお地蔵さま
    • 青面(しょうめん)金剛菩薩(白地)
    • 青面(しょうめん)金剛菩薩(青地)
    • 2021年花まつり限定「あなたはあなた わたしはわたし」
  • ● 御朱印有り[B: 各々300円]
    • 定番①
    • 定番②
    • 定番③
    • 定番④
    • 定番⑤
  • ● 御朱印有り[C: 1,800円]
    • シャボン玉の天女さま(次女)
    • (ご希望の色がおありでしたら、「御朱印に関する要望」に、お書きください。)

  • ● 御朱印不要[0円]

【お申し込みの流れ】
金城寺ホームページの「お問い合わせページ」からお申し込みください。
詳しい申し込み方法は、こちらのページで説明しています。

※Instagramのメッセージ(DM)等での、お問い合わせは対応しておりませんので、予めご了承ください。
※料金の振込みについては、お写経用紙をお送りする際、封筒の中に振込み先情報を同封いたしますので、そちらをご覧ください。

【料金】
〇御朱印付き(御朱印500円の場合):2,100円
写経用紙代(100円)+納経代(1,000円)+ 御朱印代(500円)+郵送手数料(500円)
〇御朱印付き(天女さまの場合):3,400円
写経用紙代(100円)+納経代(1,000円)+ 御朱印代(1,800円)+郵送手数料(500円)
〇御朱印なし: 1,300円
写経用紙代(100円)+納経代(1,000円)+郵送手数料(200円)

【備考】
※郵送のみの対応となりますので、ご了承くださいませ。
※お写経1枚につき御朱印1体という決まりはありませんので、1枚お納めいただくときに数体の御朱印を希望なさっても構いません。
※ただし、以前お写経をお納めくださったからといって、御朱印だけを郵送することは出来かねますので、ご理解くださいませ。